エゾウコギ

高麗人参の六年根とは

高麗人参は人参という名前ですが、一般的な人参とはまったく違うもので、緑色の葉っぱに赤い実をつけるウコギ科の植物です。
現在流通している高麗人参のほとんどは天然のものではなく栽培されているものですが、その栽培の方法は他の植物と比べかなり特殊なものです。
まず3年ほどかけて高麗人参が栽培できるように有機肥料などを与えながら栽培するのに適切な肥沃な土壌を作りあげていきます。
さらに種を蒔いてから収穫ができるようになるまで、4年から6年ほどというとても長い時間がかかります。

また栽培自体にも大変な手間ひまがかかります。
直射日光に弱く日よけで覆いながら育てていきます。
地上に出ている葉っぱや茎や実の部分は秋ごろになると枯れてしまいますが、根の部分はそのままで冬を越していき次の春になると、根から新しい茎が出てきます。
そして1年に1枚ずつ葉っぱを増やしながら、少しずつ大きくなっていきます。
通常のものですと4年から5年目に収穫を行いますが、6年目に収穫される高麗人参が六年根と呼ばれるもので、蒸して乾燥させた紅参(べにさん)http://www.swordwarrior.net/red-ginseng.htmlは最高級品だと言われています。

土の中の根は6年を越えると、根が腐って悪くなってしまったり虫の被害に遭うこともあります。
収穫した畑はしばらくは他の植物がまったく育たないと言われています。
それほど根は土の栄養を最大限に吸収していくものなのです。

麗人参は西洋人参と区別するためにせりにんじんという名前で呼ばれていたこともある植物で、一般的な西洋人参とはまったく違う種類で、ウコギ科の植物です。
高麗人参の中でも本場である韓国では、六年根と呼ばれる商品がもっとも価値があるものだとされています。
六年根とはどのようなものなのでしょうか。

六年根の高麗人参は他の4年、5年で収穫されたものよりも、主要成分のジンセノシドという物質がもっとも多く含まれており栄養価が高いとされています。
そのため10倍以上の値段が付くことがあります。
使用するなら、なるべく高品質http://xn--gmq95j107eved.net/select.htmlのものがすすすめです。