エゾウコギ

高麗人参とエゾウコギの違い

高麗人参は韓国や中国、そして日本で古くから身体に良いことで知られているウコギ科の薬草です。
根に含まれているサポニンという物質が、血行を増進したり、女性の更年期のトラブルなどにも効果があるとされています。
近年になって同じウコギ科であるエゾウコギという植物にも注目が集まってきています。

エゾウコギとは蝦夷、つまり昔の北海道の五加(ウコギ)という意味で名づけられた、ロシアの極東地方や中国の東北地方などの地域に自生しているウコギ科の落葉植物です。
高さは2メートルから3メートルほどの低い落葉の木で、地下に茎を横に伸ばしながら成長をしていきます。
エゾウコギはロシア語ではエレウテロック、シベリア人参という名前でも呼ばれています。
高麗人参と同じく根の部分に栄養が多く含まれており、中国では「刺五加(しごか)」という漢方の材料として使われています。
またアイヌの人々の間でも薬用の植物として使われていました。
高麗人参とは同じウコギ科ではあるものの、含まれている栄養の効果も違い、関係はほとんどなくまったく違う植物だとされています。

明治時代になって北海道に入植を開始した際には、薬用としての効果がほとんど知られていませんでした。
1960年ごろになって、高麗人参と同じウコギ科であることから旧ソビエト連邦、現在のロシアの研究者が注目し効能の研究が進められました。
旧ソビエト連邦の研究では、根に含まれている成分のうち、エレウテロシドと呼ばれるサポニンの一種が滋養強壮の効能があると発表されました。
その後旧ソビエト連邦で行われ、旧ソビエトの選手が多くの成果を出したモスクワオリンピックのスポーツ選手に用いられたとも言われています。

エゾウコギは研究されるようになってまだ日が浅いことから、今後に期待される植物です。
現在ではエゾウコギのエキスを抽出したサプリメントが、日々の疲れが目立つ方やスポーツをより楽しんで行いたい人のために、スタミナをつけるための食品として販売されています。