エゾウコギ

風邪に負けない体作りに高麗人参

高麗人参の成分http://zonascottsdale.com/ingredient.htmlのひとつ、サポニンの効果としては、食欲の増進に繋がったりするほかにもさまざまな効用が発表されています。
高麗人参を摂取することで、て風邪をひかないための身体が作れるとされています。
どのような効果があるのでしょうか。

高麗人参は体力を付け身体に良い効果があるということで貴重な薬として、高貴な人々の間で使われていました。
現在では東洋だけではなく西洋でもサプリメントなどに加工された物が広まっており、本場の韓国の主要な輸出品のひとつとなっています。

高麗人参は自生をしている物は現在はとても貴重で、流通している物の多くは中国や韓国で栽培されています。
日本でも長野県の佐久地方や福島県の会津地方などで栽培が行われていますが流通はとても少な目です。
栽培には大変時間がかかり4年から6年かけて行われます。

収穫した根を乾燥したものが生薬として用いられています。
根に含まれているサポニンという物質は、身体にもたらす効果に関する研究も各国ですすめられています。
その中でも免疫力をアップさせる効果に注目されています。

人体の血液の中にある白血球には、日々身体の中に侵入をしてくるさまざま細菌やウィルスなどから身体を守ってくれるという役割があり、免疫と呼ばれています。
普段はこの免疫によって身体が守られていますので、細菌やウィルスの働きが活発になることを抑え、身体が不調になることを防いだり症状が悪化するのを防いでくれているのです。
しかし免疫力が低下してしまうと、風邪をひきやすくなったり、また風邪をひくと治りが悪くなったりといったことに繋がります。

高麗人参の根の成分であるサポニンには、血中の白血球の数を増やすという効果があることから免疫力が低下するのを防ぐ、つまり風邪をひきにくい体を作ることができるのです。
また血流の流れが良くなる効果もあることから身体のすみずみに酸素が行き渡らせることができ、細胞の働きが活性化され健康につながっていきます。