エゾウコギ

アトピーの症状改善なら高麗人参

近代社会の病気とも言われているアトピー性皮膚炎に悩む人はとても多いと言われています。
さまざまな身体に良い効能があることで知られている高麗人参の根に含まれている成分は、アトピー性皮膚炎の症状の改善などにも効果があるとされています。

アトピー性皮膚炎は身体の皮膚に見られる湿疹でかゆみを伴います。
かゆみが痛みとなり、ひどい場合には眠れないほどの症状が出ます。
症状がひどくなったり軽くなったりを繰り返していき、一生続くと言ってよいほどの病気です。
多くの人がかかるアトピー性皮膚炎ですが、いまだにはっきりとした原因は究明されていません。
皮膚そのもののが乾燥肌であることや、ダニや花粉や紫外線などといった外的な刺激によるもの、そしてストレスなどの精神的な原因なども指摘されています。
そしてアトピー性疾患と呼ばれるアトピー体質という遺伝にも関係していて、これらの原因が複雑にからみあって起こる病気であると考えられているのです。

病院の治療では、症状にもよりますが皮膚に塗る外用薬や、飲み薬である内服薬などを平行して用いられています。
ひどい場合には光線治療なども行います。
さらにアトピー性皮膚炎の治療には漢方薬を処方されることもあります。

漢方にも良く使われる高麗人参の根に含まれている成分であるジンセノサイドにはさまざまな効能がありますが、その中には身体の免疫力を調整するバランサーとしての機能があると考えられています。
そのためジンセノサイドは免疫の力が下がることによって、引き起こされると考えられているアトピー性皮膚炎の症状を抑える効果があると見られています。

アトピー性皮膚炎の症状の緩和として高麗人参のエキスを摂取するためには、ジンセノサイドが多く含まれている根の皮の部分を残して乾燥をさせた、紅参(こうじん)という赤い色のサプリメントやドリンクを継続http://www.portalfutebol.net/keizo.htmlして飲むことがより効果があるとされています。